プリリジー

プリリジーは即効性があり、ヨーロッパ諸国では特に多く使用されている医薬品で、日本でも注目されています。早漏を解消するお薬でメリットはもちろんありますが、その反面副作用がある事も事実です。その事を十分理解し、使用する事をオススメします。

プリリジーで旦那と亀頭の元気をつけよう

プリリジーは世界初の飲む早漏治療薬です。旦那の亀頭が頼りにならないと嘆く奥さんからすると、それで大丈夫なのかと思われがちですが、プリリジーの有効成分にダボキセチンという成分が入っており、興奮を鎮めてくれる脳内のセロトニンの濃度を上げることができます。濃度を上げることによって、性的なことで敏感になりすぎている脳をクールダウンしてくれ、挿入から射精に至るまでの時間を服用していない時に比べて3~4倍に延長させる効果があるのです。この薬は早漏改善薬としてではなく、その日の性行為を楽しむためのものとして使われていましたが、実験していくと初めて服用してから毎週のように使っていった場合、射精までの時間が段々伸びていったそうです。脳内に分泌されるセロトニンは、不安や緊張を取り除く物質です。これが射精にかかる時間にも影響を与えます。セロトニンの脳内濃度を上げてくれるのがプリリジーです。プリリジーは、性行為の1~3時間前に服用することになっています。なので、奥さんがベットにいる旦那も亀頭も頼りなく感じたから直前に飲ませるとなっても、すぐには効果が出ません。服用した効果は服用してから数時間まであり、体内にあるほとんどのダポキセチンが24時間以内に体内から排出されます。プリリジーは、1日につき1錠ですが、薬の効きに不安を感じた場合は1日に2錠までの服用が許されています。旦那がすぐ果ててしまい、満足感が最近得られていないという奥さんは、夫のためにも夫の亀頭のためにもプリリジーを服用させてあげてみましょう。保険がきかないため、実費にはなりますが、1回1回の性行為を大事にするためには決して高い買い物ではありません。