プリリジー

プリリジーは即効性があり、ヨーロッパ諸国では特に多く使用されている医薬品で、日本でも注目されています。早漏を解消するお薬でメリットはもちろんありますが、その反面副作用がある事も事実です。その事を十分理解し、使用する事をオススメします。

勃起の悩みをプリリジーで解決・精神病薬に似た働き

ED(勃起障害)に比べると、早漏はあまり問題視されないことが多いです。しかし、本人にとっては自信の欠落にも繋がるコンプレックスです。特に、女性から「あっさりしている」などと言われて傷ついてしまう早漏の男性は多いようです。
勃起しない症状の改善に使われるのはバイアグラが一般的ですが、早漏の治療に使われているのはプリリジーという薬です。候は勃起はしますが、射精のタイミングが早すぎてパートナーに満足感を与えられないのが問題になります。
プリリジーは、抗うつ剤などの精神病薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と似た働きをします。精神病薬でも早漏改善に効果があったという報告もありますが、快感が得られにくいと感じる人もいます。
プリリジーは精神病薬のような、脳内のセロトニンの量を増加させる働きがあります。セロトニンは興奮を抑える作用があるので、性的刺激を受けてから射精までの時間が延びるという仕組みです。
プリリジーは対処療法として使われる薬なので、使うだけで症状が改善していくわけではありません。根本から早漏を克服するには、性的興奮を感じすぎない脳、刺激に強いペニス、にするトレーニングが必要です。
脳のトレーニングでは、余計なことを考えないようなトレーニングをしてみましょう。五感をフルに使って、妄想を止める方法です。ペニスのトレーニング方法では、マスターベーションの時に我慢の感覚を鍛えると良いです。これならばパートナーの協力がなくても出来ます。
プリリジーを使うと明らかに射精までの時間が延びますが、抗うつ剤などの精神病薬を飲んでいる人は、併用できないことになっています。また、狭心症など心臓が弱い人も使用は避けるべきとされています。