プリリジー

プリリジーは即効性があり、ヨーロッパ諸国では特に多く使用されている医薬品で、日本でも注目されています。早漏を解消するお薬でメリットはもちろんありますが、その反面副作用がある事も事実です。その事を十分理解し、使用する事をオススメします。

射精を我慢する方法・プリリジーや麻酔を使った対処法

射精を我慢する方法を3つ紹介します。
1つ目は、挿入時に亀頭部を擦らないようにすることです。亀頭の裏側は最も敏感です。ここが擦れると早く射精してしまうので、この箇所を擦らないようにピストンします。女性器の上側を狙ってピストンするとうまくいきます。
2つ目は、射精しそうになったら休憩することです。刺激を与えてしまう我慢できなくなってしまうので、刺激が少ないうちに一時休憩します。この方法は女性側の協力が必要です。何度も休憩してしまうとお互いの気持ちが萎えてしまうかもしれませんが、早漏克服のためだと思って頑張りましょう。
3つ目は、対面座位で挿入することです。この体位ではピストンできないので、女性を満足させることは出来ません。しかし、男性側の早漏克服トレーニングとして活用できます。
この3つの我慢する方法は、一度でうまくいくとは限りません。何度もやってみて、我慢する方法を身につけていくしかないです。何度もやっているうちに自分なりのコツがつかめてくるので、繰り返し挑戦してみることが大切です。
手っ取り早い対処法としては、プリリジー、麻酔クリーム、麻酔スプレーを使った方法が効果的です。
プリリジーは脳内のセロトニン濃度を高めて気持ちを落ち着かせることで射精までの時間を延ばします。麻酔クリームとスプレーは、亀頭部に塗ることで麻痺させて感じにくくさせることで射精までの時間を延ばします。
麻酔は前立腺に障害のある人は使えないケースもありますが、プリリジーは内服薬なので、前立腺には影響しない可能性があります。
ただし、プリリジーは副作用としてひどい下痢になることがあるので、体に合わないと使いづらいかもしれません。